王子台地区社協の概要

王子台の街の誕生

王子台がある臼井地区は印旛沼に隣接しており、その沼の水利を生かしてか、中世の臼井城は400年も続いたとされています。

こうした歴史を経て、昭和48年に農住都市型を理念とする構想のもと、きれいに区画整理された王子台の街が誕生しました。

 

王子台地区社協の生い立ち

 国の福祉制度の一翼を担うため、社会福祉法で重要な位置づけがされている、社会福祉法人 佐倉市社会福 祉協議会(佐倉市社協)があります。佐倉市社協の内部組織としてあった臼井支会が平成12年度末に三分割され、王子台支会へ分離独立。その後、平成17年4月に現在の王子台地区社会福祉協議会(王子台地区社協)へと移行しました。

王子台地区社協の活動

 最初に、市社協との大きな違いは、より地域に根ざした活動であるという点です。三世代グラウンドゴルフ大会や、町内会館で開催しているラウンジ王子台(100円喫茶)など、地域住民の交流の場となるよう、積極的な参加を呼びかけています。

また、クリーン活動などでは、街の環境整備だけでなく、地域の方の福祉に関わるきっかけづくりも目的としています。

 

 その他の様々な活動については、こちらのホームページで、随時ご紹介していきます。

 

王子台地区社協の今後の展開

平成12年6月に社会福祉法が公布・施行され、「誰もが地域社会の一員として個人が人としての尊厳を持って、家庭や地域の中で障害の有無や年齢に関わらず、その人らしく安心して生活が送れるよう、自立を支援する」という、地域福祉の推進が明確に規定されました。

市社協はもちろん、地区社協でもこの理念を取り入れた活動が望まれます。

こうしたことを踏まえ、地域福祉の最前線として、

・問題が起きるのを予防すること、

・問題に対して市社協や専門機関と連携し、

 解決に向け行動すること、

また、こうしたことは地域のきめ細やかな交流による心のふれあいと情報交換などによって成し得るという前提のもとに

・福祉の街づくりをすること、をテーマに進めていきます。

 

うすいセンター

臼井支会から王子台地区社会福祉協議会(王子台地区 社協)へと移行した平成17年4月より、レイクピアウスイ(イオン臼井店内) の3階に「うすいセンター」が設 置されました。うすいセンターには臼井地区社協、うすい東地区社協、そして、王子台地区社協の事務局があり、月曜から土曜までを曜日代わりで在室しています。

(王子台地区は、火・金が、担当です)

9:30~16:30まで開設していますので、行事など のお問い合わせは、「うすいセンター」まで。

(12:00~13:00は昼休みとなっています)


うすいセンター所在地図


王子台地区社協には5つの部会があり、部員が中心になって活動しています。

 

①広報部会

②友愛訪問部会

  ラウンジ王子台(百円喫茶)

  施設訪問

③ボランティア部会

  クリーン活動

  三世代グラウンドゴルフ大会

④高齢者部会

  にこにこ昼食会

⑤児童部会

  昔あそび

  地域交流会

  老幼まつり

 (臼井老幼の館主催のお手伝い)

 それでは活動内容を詳しく見てみましょう

 


   ①広報部会

 

広報部会は、広報紙の発行メイン活動です。

 

佐倉市や千葉県の社会福祉協議会が主催する広報研修などには積極的に参加し、読みやすく、楽しめる紙面づくりに努めています。

 

 

地区社協の活動は、住民のご理解なしには出来ないものです。年1回皆さんから納めていただく会費が、地域にどのように使われ還元されるのか、広報紙を紹介しています。

 

また、地区社協で開催しているイベントの多くは、住民参加型ですので、住民が積極的に参加したくなるような紙面づくりを目指しています。

 

年3回発行(7月・11月・3月)される広報紙「王子台」は、各戸にポスティングするなどして、直接手にとっていただけるように努めています

   過去の広報紙はこちらからご覧いただけます 

 


  ②友愛訪問部会

令和元年5月5丁目会館でのラウンジです
令和元年5月5丁目会館でのラウンジです

当部会では、ラウンジ王子台(百円喫茶)の開催と福祉施設の訪問で地域交流を盛り上げます。

好評を得てリピーターも増えているのは、年6回開催している交流サロン「ラウンジ王子台(百円喫茶)」でしょう。 

地域の方々が気軽に集まり、楽しい時間を過ごせるようにと、1丁目から6丁目の町内会館を借用し、順次開催しています。100円の参加費でコーヒー、緑茶、昆布茶の中からお好みの飲み物とお菓子をいただきながらのひと時をおもてなしいたします。ロコモティブシンドロームを防ぐ体操、頭の回転を衰えさせないコグニサイズ体操も取り入れ、最後はピアノに合わせて合唱を楽しんでいただけます。

テーブルにお花を飾り、コーヒーの香りを漂わせ、皆様のお越しをお待ちしております。

お子様同伴の若いママさんも大歓迎です。一緒に楽しみましょう。

                  過去のラウンジ王子台はこちらから  

  

ラウンジ王子台ではドリップしたコーヒー、昆布茶、緑茶は飲み放題。気持ちよく楽しく過ごして頂けるよう、おもてなしします。 


 ③ボランティア部会

当部会は、三世代交流の場を作ることと、地域内のボランティアグループとの交流を目指して活動しています。

 

三世代グラウンドゴルフ大会は、間野台小と王子台小のグラウンドをお借りして各1回、年2回開催します。

小学生、成人、高齢者が混ざったグループを編成し、競い合うのはもちろん、経験者が初心者にアドバイスしたりなど、楽しみながら世代間の交流を深めています。

 

また、町内会などの協力もいただきながら収集したベルマークや古切手のふちを綺麗にカットするなどの細かい作業も部員の仕事です。

ベルマークは年度末に、間野台小学校、王子台小学校に贈呈しています。

 


   ④高齢者部会

高齢者部会では、にこにこ昼食会を開催しています。

にこにこ昼食会とは?

70歳以上のお一人暮らしの方を対象にした昼食会です。

まず第一に「偏らないバランスの良い食事をする事」第二に「外出の機会を増やしていただく事」を目的に、季節感たっぷりのお食事を作ってお待ちしています。

食後には毎回違った企画を考え、来て良かったと思える場所になるように工夫しています

当日の準備では、自慢の腕をふるう料理上手な部員、会場づくりに力を発揮する部員、それぞれが力を合わせます。

40食前後の調理は、たかがお浸し、されどお浸しで家庭で行うのとは勝手が違いますが、ベテランシェフならぬベテランシュフ(主婦)達によって、てきぱきと作業し写真のような出来上がりです。

食事はゆっくりと、和やかに会話をしながら召し上がっていただき、皆さんほぼ完食。「おいしかった」 「次も楽しみにしています」の声を励みに、毎回お待ちしています。

 

食卓を彩るお花も、お帰りの際にプレゼントしています。

過去のにこにこ昼食会はこちらから。 


⑤児童部会


子ども達が安心して健やかに暮らせるような環境を目指して活動しています。老幼の館と連携しての「地域交流会」や、小学校との交流事業が活動の柱となっています。

 

「子ども達は地域で育てる」を理念に、福祉委員や地域ボランティアの協力のもと、間野台小・王子台小の1年生の児童たちに「昔あそび」の正しい遊び方を指導します。

 

また、平成23年度から、「昔の生活」をテーマに間野台小3年生の社会科授業にも参画しています。

 

これらの活動は、核家族化や少子化が進み、祖父母やご近所のおじちゃん、おばちゃん達との接点が少なくなった今、児童にとって貴重な体験になると考えております。

 

これからも、子ども達が安心して暮らせる街になるよう、地域の皆様と協力し温かく見守って行ければ良いと考えています。

 

 雑草が生い茂る時期には、

王子台小法面の草刈りも

お手伝いします