いよいよ

写真をクリックすると大きく見られます

 

 チューリップ祭りの写真です。

 あっと、今はフラワーフェスタなんて洒落た名前で

 したっけ?先週のものですから、今週末は少し様子

 が変わっているかもしれません。

 

 

 

 

 

 風車がぶんぶん回

 っていました。

 この回転のエネル

 ギー、何かに使え

 ないものかと思っ

 てしまいます。

 

 

 

 

 

 

この日は電車が

止まるほどの強

風で、チューリ

ップも風にあお

られて花の向き

が同じ方向に。

何だかこっち見

て笑っているよ

うでした。

 

写真をクリックすると大きく見られます

 

風車の中からの景色

 

 今年は一斉に春が来ましたね。

 いろんな花がいっぺんに咲いて楽園のようでした。

 こんな時になんですが、昨日今年度初回の理事会が

 開催されました。新年度の活動準備は密かに(?)

 進んでいます。

 楽園に夢うつつでいたいところですが、そうも言っ

 ていられない、切羽詰まった状況にいる事が私にと

 っての現実です。

 まあ、皆さんはそんな事は気になさらず、フラワー

 フェスタをご堪能ください。(羨ましい!!)

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ミズ・バックシャン (日曜日, 14 4月 2013 09:09)

    郊外ならではのスケール。
    こんな近くに市民参加型名所を作るなんて佐倉市も上手ですね♡

    雨にも負けず
    風にも負けず

    さみしそうにしている子供がいれば
    一緒に昔遊びをして遊び  

    家の中に閉じこもっている高齢者がいれば
    行ってラウンジの参加をすすめ・・・
     
    まだまだ続く 

    チューリップのようにこちらを向いてにニコニコしている
    そんな地区社協に私はしたい

    理事会もいろいろな色の花が咲くように
    種や球根を植えています。

  • #2

    牡丹餅 (火曜日, 16 4月 2013 19:41)

    お一人様が皆孤独とは限りませんが、中にはそういう方も声を上げずに潜んでいますよね。
    たいていの人は「私は孤独で淋しい!」などと人にあまり言えないものですから。
    そういう人がご近所に絶対いるんだということ、皆さんがもっと理解してくれたらと思います。
    私達の出来ることはほんの些細なことですが、関われば世界が広がるということ、
    最初から無駄だと思わず、どんな生活の中にも人生には楽しむゆとり、人を思いやるゆとりが必要なんだということ、
    密かに救われている人もいるということ、救われている日もあるということ、皆が考えて欲しいですね。

  • #3

    kotaro (水曜日, 17 4月 2013 18:10)

    強風だった日曜日、「印旛沼に春風を求めて」佐倉市民ハイキングに参加しました。

    御伊勢公園を9時に出発、江原台ーふるさと広場ーサンセット広場ー岩名運動公園ー京成佐倉駅 のルート約12km 強風の中、春を満喫しました。

    今年はチューリップ畑をかなり拡張したとのこと、百花繚乱(待てよ、同種類だけでは百花とは言わないか・・)いろんなチューリップがそれぞれ自己を主張しているようで、見ているとなんだかとても元気をもらいました。

    参加者の平均年齢は、70歳前後(たぶん)皆さんとっても元気!超高齢者社会なんてどこ吹く風?
    老人パワーに圧倒されます。
    こういう方々が、普段家では「どう過ごされているのかなー ?」貧乏性なのか、つい社協の活動が頭をよぎります。

    今後、地域福祉の担い手は元気な高齢者が、活動の主役になっていくのは時代の必然と思います。
    そのためにも私達社協の活動を、地域の住民の皆さんに認知していただけるよう充実させ、広報にも力を入れたい・・・。

    強風に向い埃に目をこすりながら、そんな真面目な考えも頭をよぎったハイキングでした。

お問い合わせはこちら

レイクピアウスイ3階
うすいセンター内
TEL FAX043-462-0743
毎週火曜日・金曜日
(祭日は休み)
9:30-12:00
13:00-16:30

ご 案 内

 お気軽にご相談ください
 お気軽にご相談ください